スタッフブログ

 

春の訪れ

2019.03.22 

 先日、テレビで「ミモザが見頃です。」と聞こえてきたので、さっそく地元の動物園「いとうづの森公園」に行ってきました。

 この動物園は私が子供の時からあり、昔は家族や学校の遠足などで必ず行く定番の観光地です。久々に入ってみると、まずは鳥かごに一羽だけはいったオウム君が「こんにちわ!こんにちわ!」と甲高い声でお出迎えしてくれました。それから木登りが得意なテナガザルの柵が見えてきます。木の上や柵の上の方で居眠りをしていることが多いので、その周りに見学ルートが設置されています。かわいい親子ざるの寝顔がみれました。続いて凶暴な肉食動物コーナーでは、分厚いガラス越しに、1メートルくらいの近さでライオンを見る事が出来ます。毛並みや筋肉、鋭い爪先まで見れかなりの迫力です。そして、レッサーパンダは、フワフワの赤毛とあの愛らしい顔をみせてくれるので、カメラをもった大人や子供が集まってきます。室内と屋外に部屋がわかれており、自慢の透明トンネルを渡る様子は必見です。

 最後に、3月いっぱいは園内に約100本の黄色い小花がきれいなミモザを楽しめます。(I)

201903221513091c46.jpg

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ