スタッフブログ

 

ゴホン!の前の龍角散

2019.02.12 

寒い日が続き、風邪を引きやすいこの時期は体調管理が非常に大切です。

前回のブログで冬場場の乾燥対策として加湿器について、説明をさせて頂きましたが、乾燥が厳しいこの時期に私が常備しているものがあります。それは「龍角散」です。

龍角散とは、株式会社龍角散が製造販売するのど薬の商品名のことです。立川 志の輔師匠が出演しているCMも有名ですので、皆さんにもよく認知されているかと思います。今回は、私の常備薬として活躍している龍角散について調べてみました。

201901231847540791.png

龍角散の歴史は古く、約200年の伝統があります。約200年前の江戸時代末期、現在の秋田県一帯を支配する東北有数の大名・秋田(佐竹)藩にて誕生しました。当主・藤井の先祖で、当時御典医を務めていた藤井正亭治(しょうていじ)が喘息に苦しむ藩主のため、藩に伝わる咳止め薬をもとに漢方・蘭方の長所を取り入れ、新しい薬を完成させます。これが後の「龍角散」となります。龍角散と命名した由来は、当時配合されていた龍骨、龍脳、鹿角霜といった生薬の名を結びつけたと言われています。

龍角散商品の中で、特にお勧めなのが、「龍角散ダイレクト」です。CM等で周知されている通り、何処でも手軽に持ち運びができ、水なしで服用することができるのが一番のメリットです。
服用方法は、舌の上に薬をおき、ゆっくり溶かすようにしながら、のどの方へ運びます。最初慣れないうちは、そのまま全部飲みこんでしまって、失敗したことも多々あります。
必要なタイミングで、すぐに服用でき、すぐに効果を期待できるというのは非常に安定感、安心感があります。
私は、龍角散ダイレクトを家の中はもちろん、車の中、会社の机の引き出しの中、カバンの中とあらゆるところに忍ばせています。
「ゴホン!といえば龍角散」が、商品のキャッチコピーですが、私の場合は「ゴホン!の前の龍角散」として活躍しています。【YG】

201901231849338024.png

(引用:龍角散HP、https://www.ryukakusan.co.jp/promotion6、https://www.ryukakusan.co.jp/promotion3)

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ