スタッフブログ

 

裸眼の生活を取り戻す

2018.10.05 

私は視力が悪く、いつも眼精疲労に悩まされているので、視力を回復させるための治療方法を調べてみました。

今回は、オルソケラトロジーという治療をご案内します。
オルソケラトロジーとは、特殊なハートコンタクトレンズを使用した角膜矯正法です。
眠っている間に、この特殊なハードコンタクトレンズを着用し、角膜の形を整えて近視を矯正するという近視治療法です。
通常のコンタクトレンズや眼鏡等は、外してしまうと見えなくなりますが、オルソケラトロジーの場合は、朝起きてレンズを外した後も、一定時間角膜が正しい形に「くせずけ」された形で保持されます。
その為、日中の間はコンタクトレンズや眼鏡を使用せずに、裸眼で生活することが出来ます。

レーシックによる視力矯正も魅力的ではあります。レーシックの場合は、レーザー光線で角膜中央部分を削り、角膜のカーブを変えて、近視などの屈折異常を矯正する手術の為、削られた角膜は薄くなり、元には戻りません。
その点、オルソケラトロジーでは、角膜を削るというリスクを取らずに視力を回復させることが出来ます。

オルソケラトロジーのデメリットとして、以下の点が考えられます。
・眠っている間は、専用コンタクトレンズを毎日着用しないといけない点
・オルソケラトロジー治療には健康保険は適用されず、全額自己負担となる点

デメリットはありますが、裸眼で生活できるのは非常に魅力的な為、治療の検討をしたいと思います。

【YG】

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ