スタッフブログ

 

大雨の中で

2018.07.06 

今回の大雨で被災されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

7月5日(木)10:30 当社の本部(北九州)では、昨年の九州北部豪雨で犠牲となった方へのご冥福と行方不明者の早期発見を祈って黙祷を捧げました。

それから、約6時間後。

今日と明日の調査実施に向けて兵庫県に移動したのですが、新神戸駅の外は傘が役に立たない程の雨。

レンタカーで何とかホテルまで移動しましたが、テレビのニュースでは大雨に注意を喚起する内容とともに、各鉄道の運休情報がスーパーで流れている。

とはいえ、調査員は京都市から車で移動する予定であったことから、昨夜の段階では調査中止を決定せず、今朝の状況をみて判断することを確認しました。

7月6日(金)8:00 早朝から各調査関係者と連絡をとり、高速道路が通行止めとなっていること、日曜日まで天気が回復しない予報であることなどを鑑みて、今日と明日の調査中止を決定しました。

その後、ニュースを注視しながら、今後の調査について調整していましたが、20:00現在、新幹線が運転を見合わせていることなどから帰宅もできず、まだホテルの部屋に滞在中です。

大阪北部地震(6/18)、台風7号(7/3)、これらに続いて今回の記録的な大雨。

前日の祈りもむなしく、自然災害に対して改めて無力さを感じていますが、昔に比べれば多くの情報が得られるようになり、その中で判断できる環境になったとも感じています。さらに今後、IoTやAI技術の進展によって正確な予想や正確な状況把握ができれば・・・

しかし、現在、近畿地方だけで避難指示・避難勧告が100万人以上。九州北部や中国地方では特別警報(大雨)が出されており、まだまだ予断を許さない状況です。

予想もできないような自然災害に直面している西日本ですが、今はこれ以上、大きな災害とならないことを祈るばかりです。(M)

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ