スタッフブログ

 

花粉症ナウ

2018.03.30 

風邪?花粉症?ナウのYGです。
今までは自覚症状がなかったのですが、今年度覚醒をしたみたいで、つらい鼻水、鼻づまり、のどの乾燥に苦しめられています。
花粉症発症のメカニズムを調べてみました。
花粉症は、その名の通り、花粉が原因で起こるアレルギー反応のことです。
人間には、ウイルスや細菌などの外敵や、異物が体内に入ってきたときに、それらを体外に排除するための免疫システムが生まれながらに備わっています。
体内に異物である「抗原」が入ってきたときに、それを退治する「抗体」という武器を作り体外に排除しようとします。一度作られた抗体は体内にとどまり、再び同じ抗原が体内に入ってきたときに抗原を排除する働きをします。
アレルギーとは、特定の無害な物質を外敵や異物とみなし、それを排除するために過剰に体が反応する現象のことを言います。花粉は人体にとって本来無害であるはずですが、身体を守るための免疫システムが働き、花粉を抗原とみなして、花粉に反応した細胞から、化学伝達物質であるヒスタミンやロイコトリエンが放出され、それらの化学物質に目や鼻の粘膜が反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみの症状を引き起こします。
アレルギーについてよく例えられる話に、コップに注いだ水に例えた「アレルギーコップ説」です。身体をコップに見立て、生まれつきの体質に、大気汚染やストレス、衛生環境や大量のアレルゲンが水のように加わって、コップの水があふれるように体の許容量を超えるとアレルギー症状が起きる、という考え方です。
今年は、特に花粉の飛散量も多く、初めて花粉症になった方も多いとのことです。せっかく暖かくなり外出をしたい季節ですが、花粉が収まるまでは外出を控えようと思います。

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ