スタッフブログ

 

寒暖差アレルギー

2018.01.19 

寒い日が続きます。電車の中の空気が悪いなーと思う毎日で、私自身も風邪で、のどの痛みがなかなかとれません。

一方で、風邪とはまた別に、家に居る時にくしゃみが連続20回くらい出てとまらなくなることがあります。どうやら「寒暖差アレルギー」というものがあるようです。

暖かいところと寒いところの気温差が7度以上あると、血管の収縮膨張や自律神経がついていけなくなって、くしゃみがでたり、鼻水が止まらなくなったりするのだそうです。寒暖差アレルギーの場合はアレルゲンがなく、風邪の時と鼻水の色が異なるので区別できるそうです。

自宅の部屋の温度を測ってみたら、暖かい南側の部屋と、北側の部屋で5度くらい気温差がありました(北側の部屋は「北極」と呼んでいます)。困ったことに北側の部屋はエアコンを設置できないので、部屋によってずいぶん温度差が大きくなっていたようです。

寒暖差アレルギーの対策としては、体を冷やさないようにするのが大切とのことですので、オイルヒーターでも買おうかと検討したのですが、電力使用量が1200Wでちょっと効率悪すぎるなーと思ってあきらめました。セラミックヒーターと湯たんぽと極暖下着と着る毛布を装備して、春になるのを待つことにします。。。(Y)

最近のお知らせ

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ

一般社団法人 資源循環ネットワーク

◎お問い合わせ先

一般社団法人 資源循環ネットワーク

〒805-0062
福岡県北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 アジア低炭素化センター内
TEL.093-616-8155 FAX.093-616-8150

お問い合わせ